So-net無料ブログ作成

うさ脳とは?解りやすく図解入り・・ [うさ脳]

うさ脳という言葉が最近巷で使われるようになって、
自分はどうなんだろう?とちょっと気になりますね。

調べて見ると、
「結構当たっている」という人が多いのです。

だからこそ話題にもなるのですが・・
うさ脳って何を指しているのか?

解りやすく解説すると・・

人間の脳を構成する大脳の中で、
右脳と左脳、二つの脳の使い方で、
その人の性格や特徴がある程度量れるというのです

このある程度と言うのがミソで、
これだけでは完全には解らないが、
多くの場合、当てはまる事が多々あるのです。

人間の脳はそれほどまでに複雑に出来ているのですが、

右脳と左脳の役割や働きは科学的に分析されています。

1981年
カリフォルニア工科大のロジャー・W・スペリーが
「大脳半球の機能分化に関する研究」
ノーベル生理学・医学賞を受賞したのが
始まりと言われます。

すでに知っている人もいるかも知れませんが、
おさらいです。

右脳
左半身を制御。
感性や独創性、想像力や直感などで、
左脳の100万倍の記憶能力がある
と言われるが、その潜在能力を発揮できている人は
ほとんどいないとのこと。

男性は右脳の働きが良いと言われ、
物事を直感で判断したり、
全体図を見たりするのが得意だったりします。

左脳
右半身を制御。
常識や言語、論理的、科学的思考で
一般的に人は左脳を使うとされる。

女性は左脳を使うのが得意と言われ、
相手の言葉を聞き取り、読み取ることに長けて、
状況を分析するのが得意だったりします。

ここで1つ解るのが、
手や足に右利き、左利きがあるように、
脳にも右利き左利きというように
「利き脳」というのがあって、

手と足が右利きの人の脳は,
左利きであることが多くなります。

これは必ずそうだということではなくて、
比較的多いという意味。

利き脳という言葉の生みの親は板野登教授です。

この右脳と左脳の働きをインプット、アウトプットの
観点から見て行くのが「うさ脳」と言いうものです。

インプットは、自分に入ってくる情報をどのように受けて、
どちらの脳をより使って処理するのか?

アウトプットは自分の情報をどのように外部に伝えて
どちらの脳をより使って処理するのか?


右脳?左脳?

自分はどっちなのかを知る解りやすい方法が指組と腕組。

10秒で終わるので、やってみて下さい。

指組も腕組みも自然に組んでください。

インプット.jpg


アウトプット.jpg

どの場合も下に来ているのは右手?左手?
ということで簡単にチェックは終わりです。

利き脳-1.png

これの組み合わせで「うさ脳」の基本形が決まります。

これの根拠はどこにあるの?というと・・

指の組み方にはインプットの時の思考を司る
後頭葉の働きがあらわれて、

腕の組み方にはアウトプットの時の思考を司る
前頭葉の働きがあらわれると言われるからなんです。

インプットとアウトプットの組み合わせで
4つのパターンに分かれます。

利き脳-2.png

「うう脳」インプット、アウトプット共に右脳

「ささ脳」インプット、アウトプット共に左脳

「うさ脳」インプット右脳、アウトプット左脳

「さう脳」インプット左脳、アウトプット右脳

基本形がこうであっても、
すべてがこれに当てはまるということではなく、
その人の職業や経験などでも変わってくるようです。

これを男女に当てはめると、8通りになります。

「うう脳男」「ささ脳男」「うさ脳男」「さう脳男」

「・・脳男」の特徴、恋の相性などはこちらのページ

「うう脳女」「ささ脳女」「うさ脳女」「さう脳女」

「・・脳女」の特徴、恋の相性などはこちらのページ


確かに、
ある部分で心当たりがあるという人が多いのでしょう。

突き詰めていけば怖いくらいに、
当たっていると感じる人がいるのも事実です。


そういえば、
男性は全体的な状況から事態を打開していくのは
得意だが、思考は意外と単純で、
新しい事にチャレンジする。

女性は論理的に計算された行動を取ることが多く、
思考が複雑だったりしますが、
保守的なため、新しい事にチャレンジすることは少ない。


うさ脳を解っていると、
自分と合うかもしれない異性はどういう人か?
恋愛にも生かせるかも知れませんし、
自分の向いている職業は何か?解るかもしれません。

今までとは違った角度で周囲を見ることができて、
面白いかもしれないですね。

マメ知識として是非覚えておきましょう!



スポンサーリンク






タグ:うさ脳
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。