So-net無料ブログ作成
検索選択

うさ脳男の特徴と恋の相手 [うさ脳]

うさ脳は大きく分けて4つに分類できますが、
まずはあなた自身がどのタイプに当てはまるのか?
確認から入りましょう。

利き脳-2.png

詳しくはこのページを参照

=うさ男=

右指下、左腕下のうさ脳男の特徴

物事を直感的にとらえる傾向が強いタイプ
直感的に捉えたイメージ
自分の解釈を加えて行動する。

一度心を許すと面倒見のいい兄貴分のような、
頼れる存在に成りえるが、
その逆に最初のイメージが悪い相手には
いつまでも嫌悪感を持ってしまうという一面も。

好奇心は旺盛なので、色んな事にチャレンジする。

まわりに流されることはあまりなく、
融通が利かない面もあるが、
気配りは欠かさないタイプ。


恋愛対象としては

「うう女」が相性がいい。

自分と同じように直観力に優れていて、
感覚的に物事を処理していくタイプの人とは合いそう。

次に「うさ女」と「さう女」

逆に、物事を順序だてて考えるタイプの
「ささ女」は苦手かも知れない。


=うう男=

右指下、右腕下のうう脳男の特徴

何事にも前向きでストレートな行動力と、
素直な性格が好かれるタイプ。

自分を客観的に見ることにも長けていて、
ナルシスト的な一面も。

調子のいい時には、
周りを盛り上げるムードメーカーでもあるが、
自分が中心でいたいタイプ。

切り替えが早いので失敗しても引きずることなく、
前に進めるのが強み。


恋愛対象としては、

「うさ女」が相性がいい。

自分のペースに合わせてくれ、
気持ちを察知してくれるので、合いそう。
次に「さう女」

相手に合わせるのが苦手なタイプの
「ささ女」は苦手かも知れない。


=さう男=

左指下、右腕下のさう脳男の特徴

物事を冷静かつ客観的にとらえ、
結論を導き出すタイプ。

他人との付き合いでは一定の距離感をもって、
相手に冷たい印象を与えることがあり。

コミュニケーション能力は高いが自信家でもある。

人間関係には敏感で、もめ事を嫌う傾向があり、
敵を作らないタイプ。


恋愛対象としては、

「さう女」が相性がいい。

面倒見がよくて自分のキャラも解ってくれ、
話題豊富で合いそう。
同じく「ささ女」も合いそう。

あまり合わない女性はいないが、
あえて言うなら「うう女」。
自分の感性を大事に本能のまま行動するところが
苦手かもしれない。


=ささ男=

左指下、左腕下のささ脳男の特徴

真面目で熱いところを持っている、堅実なタイプ。

あまりチャレンジ精神はなく、
リスクを嫌う面があり、無駄と思えることをしない。

そのためか、
融通の利かない人間と思われることもあり。

物事に真正面から取り組んで
一つずつ積み上げていく努力家。


恋愛対象としては、

「さう女」が相性がいい。

空気を読むのに長けていて、
元気づけてくれそうなところが合いそう。
次に「うさ女」

極端に合わないタイプの女性はいないが、
言うなら「ささ女」
男らしい面を持ってて、
プライドの高い「ささ女」が相手だと疲れるかも?


男性は右脳の働きがよい、
女性は左脳の使い方が上手。
とは良く言われるが、

地図が読めない女・話が聞けない男」

という本がベストセラーになったことがあります。

これも右脳と左脳の働きの違いでしょうね・・

女性にもてようと思ったら、
相手の話をちゃんと聞いてあげるのが、
一番の基本なのかも知れません。






スポンサーリンク






タグ:うさ脳
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。